あいよこやさま合横矢挟間

合横矢挟間(あいよこやさま)とは、城の内外で敵の進攻が予想される場所の両側に塀を構え、これに狭間を設けて敵を攻撃する設備。狭間の高さを違え、角度も変えて味方を射たないように工夫した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*