カテゴリ:

日本のお城を紹介します。

松山城

松山城

本丸の櫓や門、二の丸の御殿などの再建が進む 松山城(まつやまじょう)は、加藤嘉明 かとうよしあきが関ヶ原の戦いの成功により伊予を与えられ、慶長7年(1602)に築城を開始したことに始まる。標高132mの勝山 かつやま山頂に本丸をおき、麓に二の丸と三の丸を設けた平山城である。本丸の天守曲輪 てんしゅぐるわを構成する建物の多くは数度に渡る火災により焼失。 … 続きを読む

大洲城

大洲城

大洲城の始まりは、14世紀前半の宇都宮豊房 うつのみやとよふさの築城によるとされおり、豊臣秀吉の四国平定後は戸田勝隆 とだかつたか藤堂高虎 とうどうたかとら脇坂安治 わきさかやすはると次々と城主が入れ代わり、元和 げんな3年(1617)、加藤貞泰の入封後 にゅうふうは、加藤氏の世襲となって明治維新を迎えた。 … 続きを読む

宇和島城

宇和島城

宇和島城(うわじまじょう)は藤堂高虎 とうどうたかとらが慶長元年(1596)から6年を費やして築いた城である。築城地にはリアス式海岸の宇和海の最深部に位置する、中世城郭板島丸串 いたじままるぐし城が選ばれた。 高虎移封後、富田 とだ氏を経て伊達政宗の庶長子 しょちょうし秀宗が入り明治まで続いた。伊達氏2代のときに居館と藩庁機能を持つ … 続きを読む

高知城

高知城

高知城が築かれた大高坂山 おおたかさやまは、南北朝時代には大高坂松王丸 おおたかさまつおうまるの居城があったという。関ヶ原の戦い後、山内一豊が掛川 かけがわより入封 にゅうほう、大高坂山に新たに近世城郭として高知城を築城し、四重六階の天守を建てた。山頂に本丸と二の丸、東側の一段下に三の丸が配され、二の丸には藩主の居住空間である御殿が設けられた … 続きを読む

福岡城

福岡城

関ヶ原の戦いの戦功により、黒田孝高 よしたか・長政親子に筑前が与えられた。二人が領国経営の利便性を考えて、古代の迎賓館 げいひんかん鴻臚館 こうろかんがおかれた所に慶長6年(1601)、福岡城築城の工事を始め、ここが明治まで黒田氏の居城となった。 幅50mを越える内堀で本丸、二の丸、東二の丸、南二の丸などを囲み、中枢部は総石垣造りであった。
続きを読む

名護屋城

天下統一を果たした豊臣秀吉は、大陸出兵を目指すようになった。その足がかりとして朝鮮半島に近い東松浦 ひがしまつうら半島発端に築かれたのが、名護屋城である。戦のための城(陣城 じんじろ)とはいいながら城域は約17万平方メートルにも及び、金箔瓦 きんぱくがわらを使用した五重天守も建てられた。 城の周囲には戦のために集まった大名たちの[ruby 陣屋 … 続きを読む

佐賀城

佐賀城

佐賀城(さがじょう)は、慶長13年(1608)、戦国大名龍造寺氏 りゅうぞうじの居城であった村中城を鍋島直茂 なべしまなおしげ勝茂 かつしげ父子が拡張して築造した。四周を幅の広い堀で囲まれた典型的な平城 ひらじろで、城内には本丸・二の丸・三の丸・西の丸のほか、旧龍造寺家家臣たちの屋敷地も配された。 享保年間(1716〜36)の火災 … 続きを読む

平戸城

平戸城

慶長4年に松浦鎮信 まつうらしげのぶは三方を平戸瀬戸 ひらどせとに囲まれた亀岡山 かめおかやま日之岳城 ひのたけじょうを築いたが、幕府による改易を恐れて、慶長18年(1613)に鎮信自らが城を焼き捨てた。以後、城は築かれなかったが、元禄16年(1703)、藩主が寺社奉行に抜擢されたのを機に新規築城を幕府に願い出て許された。 平戸城 … 続きを読む

鹿児島城

鹿児島城

鹿児島城(かごしまじょう)は、島津家久 しまづいえひさが標高107mの城山 しろやま東麓に築いた平城である。慶長 けいちょう6年(1601)に、築城工事を開始、その後約10年後に完成した。城山を背後におき、中世以来の館造りを踏襲 とうしゅうした城構えであった。 本丸と二の丸が連郭式 れんかくしきに並ぶだけのシンプルな[ … 続きを読む

飫肥城

飫肥城

飫肥城(おびじょう)は長禄2年(1458)、島津氏の臣新納忠続 にいろただつぐが飫肥城主に封じられるのが史料上の初出である。その後島津氏一族が城主となり、両者の間で城をめぐって攻防戦が繰り広げられた。天正15年(1587)、九州平定に乗り出した豊臣秀吉にいち早く味方した伊東氏は飫肥を与えられ、関ヶ原の戦い後は徳川氏より領地を安堵 あんどされた。のちに[ruby 伊東 … 続きを読む

岡城

岡城

岡城は、標高325m、比高95mの天神山 てんじんやまに築かれた山城である。その歴史は古く、文治元年(1185)に緒方 おがた氏が築いたのが最初だと伝えられている。その後、元徳3年(1331)に志賀貞朝 しがさだともが入り、城を拡張した。現在残る高石垣を多用した近世城郭となったのは、文禄3年(1594)に中川秀成 なかがわひでしげが入って … 続きを読む

府内城

府内城

慶長2年(1597)、福原直高 ふくはらなおたかが府内に入封 にゅうほう後、築城を開始、動4年(1599)に楼房型 ろうぼうがたの四重天守が築かれた。関ヶ原の戦い後、竹中重利 たけなかしげとしが創建当初の天守を新式の層塔型 そうとうがたへと改めるなどの大改修を行った。北方は海、東方は大分川 おおいたがわに面した … 続きを読む

人吉城

人吉城

人吉城は、建久9年(1198)、人吉荘の地頭として下向した相良長頼 さがらながよりの築城と伝えられる。天正17年(1601)に本丸・二の丸などのつめの城部分や御館 みたち部分を竣工、寛永年間(1624〜44)に石垣が完成した。また、球磨川 くまがわを外堀として多くの船着場を設けており、川の水運を積極的に取り入れていた。 文久2年 … 続きを読む

島原城

島原城

島原城 しまばらじょうは、元和4年(1618)に松倉重政 まつくらしげまさが築城を開始した。しかし築上のための課役、キリシタンの弾圧、過酷な年貢などが要因となり農民たちが天草・島原の一揆を起こした。原城 はらじょうに立て篭もった一揆勢は鎮圧されたが、一揆を押さえられなかった責任を取らされて松倉氏は断絶。その後、城には高力氏 こうりき、[r … 続きを読む

熊本城

熊本城

熊本城 くまもとじょうとは、慶長6年(1601)、室町時代に築かれた千葉城 ちばじょう隈本城 くまもとじょうのあった茶臼山一体に、加藤清正 かとうきよまさが築城し、慶長12年(1607)に完成した。最高所にある本丸には大天守や小天守を建て、各曲輪 くるわには宇土櫓 うとやぐらをはじめ、三重天守に匹敵する[ru … 続きを読む