ふくおかじょう福岡城

黒田氏領国経営の拠点となった大城郭

天守台はじめ本丸・二の丸に壮大な石垣群が残る

関ヶ原の戦いの戦功により、黒田孝高 よしたか・長政親子に筑前が与えられた。二人が領国経営の利便性を考えて、古代の迎賓館 げいひんかん鴻臚館 こうろかんがおかれた所に慶長6年(1601)、福岡城築城の工事を始め、ここが明治まで黒田氏の居城となった。

幅50mを越える内堀で本丸、二の丸、東二の丸、南二の丸などを囲み、中枢部は総石垣造りであった。

大天守・中天守・小天守が連なる巨大な天守台が築かれたが、天守が建てられたという事実はいまだ確認されていない。城内にはかつて40基以上のやぐら曲輪 くるわの要所要所に建てられていたが、今残るものは南ノ丸多聞櫓、伝潮見櫓などごくわずかである。