ふないじょう府内城

豊後の海川を取り入れた堅固な縄張りを持つ城

西の丸西南隅櫓や宗門櫓、着到櫓が水面に映える

慶長2年(1597)、福原直高 ふくはらなおたかが府内に入封 にゅうほう後、築城を開始、動4年(1599)に楼房型 ろうぼうがたの四重天守が築かれた。関ヶ原の戦い後、竹中重利 たけなかしげとしが創建当初の天守を新式の層塔型 そうとうがたへと改めるなどの大改修を行った。北方は海、東方は大分川 おおいたがわに面した縄張り なわばりで、本丸、二の丸、山里丸 やまざとまる、北の丸が梯郭式 ていかくしきに配された。

寛保 かんぽう3年(1743)に城下からの出火により天守ほか多くの建物が焼失。以後天守は再建されず、焼失を免れて明治維新後も残っていた着到櫓 ちゃくとうやぐらなども戦災によって失われてしまった。

現在の建物は宗門櫓 しゅうもんやぐら人質櫓 ひとじちやぐらのみであるが、戦後、西の丸西南隅櫓 すみやぐら、大手門、東の丸西南隅櫓、廊下橋 ろうがばしが再建された。