げぎょ懸魚

懸魚(げぎょ)とは、城の天守、櫓(やぐら)、御殿(ごてん)など建物の破風の下につける飾り。はじめは火災除けの意味で水に関係のある魚の形をつけたためこの名が起こった。のちに植物、花の形、図案化された模様などが用いられた。