いちもんじどい一文字土居

一文字土居(いちもんじどい)とは、虎口、あるいは木戸の外側や内側に土塁を横一文字に設けて、敵の直進を防いだり、味方の出撃を準備したりした。また城内遮蔽の役目ももっていた。