じごくさま地獄狭間

地獄狭間(じごくさま)とは、江戸城の塀と石垣の上下の境目にある四角な穴のこと。雨水抜きか、修理の足場を組むために便宜をはかったものをいう。一般用語ではない。