じしょうのほう自焼の法

自焼の法(じしょうのほう)とは、軍学によれば籠城する場合、籠城側に不利と思われるような城外のものは焼却してしまうことをいう。