じょうもんのじふく城門の地伏

城門の地伏(じょうもんのじふく)とは、扉の下にある門の横木のこと。地伏と地面との間を鑓(やり)、長刀が入るくらい明けておくと敵が門扉に迫ったとき払えるので良いとされた。