じょうろう城櫓

城櫓(じょうろう)とは、大和朝の北辺城柵に設けられた櫓の一つ。屋根がついていたのが特徴。同じ頃の柵櫓には屋根がなかった。一般用語では、城の櫓という。