かぶきもん冠木門

冠木門(かぶきもん)とは、日本の柱を立て、上に横木を木戸には通常この門を構えた。もともとは扉はつけなかった。株木門、歌舞伎門、衡木門とも書く。