かごしまじょう鹿児島城

館造りで築かれた島津氏77万石の居城

背後の城山や私学校跡が西南戦争の歴史を伝える

鹿児島城(かごしまじょう)は、島津家久 しまづいえひさが標高107mの城山 しろやま東麓に築いた平城である。慶長 けいちょう6年(1601)に、築城工事を開始、その後約10年後に完成した。城山を背後におき、中世以来の館造りを踏襲 とうしゅうした城構えであった。

本丸と二の丸が連郭式 れんかくしきに並ぶだけのシンプルな縄張 なわばりで、御楼門 ごろうもん以外に天守もやぐらもなかった。これは戦国期に領内に設置された多くの外城 とじょう(支城)が外敵の侵入を防ぐことで、本城を要塞化する必要がなかったためとされる。

本丸に政庁と藩主の居館、表書院 おもてしょいんなどがおかれた。

城は元禄 げんろく9年(1696)に焼失、宝永 ほうえい4年(1707)に再建されたが、明治6年(1873)、再び消失してしまった。現存する石垣や水堀が往時の姿を今に伝えている。