かんさい関塞

関塞(かんさい)とは、関ともいわれ国境や要地に設けられて平時には通行人や貨物を検査する治安警察的な役割を持っていたが、戦時には防御拠点として利用した。大化改新によって制定されたが、大和朝の衰退とともに機能低下し、やがて中 […]