かさねざか重坂

重坂(かさねざか)とは、土塁に上がるために並行してつけられた坂道。上り、下りを区分すれば衝突、混雑が避けられた。合坂の並行したもの。