かとうまど花燈窓

花燈窓(かとうまど)とは、上部が花弁形をした窓のこと。寺院建築などによく用いられたが、天守閣や櫓(やぐら)、櫓門(やぐらもん)、御殿(ごてん)などの建物にも使用された。華頭窓、華燈窓、火頭窓、火燈窓とも書く。