かざしのどて翳の土手

翳の土手(かざしのどて)とは、虎口を遮蔽援護するために城外に設けた土手。