きりどべい切土塀

切土塀(きりどべい)とは、塀の一部を開き、戸を付けたもの。見たところ戸とは判らにようにしておき、秘密の通路や敵に対する不意討用に使った。普段は使用しなかった。