こくふがたじょうさく国府型城柵

国府型城柵(こくふがたじょうさく)とは、大和朝の北辺城柵の中で、単に軍事基地ではなく、国府の機能をもった城柵。多賀柵、出羽柵、秋田柵など。