こくが国衙

国衙(こくが)とは、大和朝の地方官庁。各令制国の中心地に重要な施設を集めた都市域を「国府」(こくふ)、その中心となる政務機関の役所群を「国衙」、さらにその中枢で国司が儀式や政治を行う施設を「国庁」(政庁)と呼んだ。