こしぐるわ腰曲輪

腰曲輪(こしぐるわ)とは、山城ではその中腹に細長く設けられた曲輪。平城、平山城では一つの郭(くるわ)の外側に一段低く設けられた幅の狭い帯曲輪のようなものをいう。ここに敵を誘導して射撃する構想のものもあった。