くい

杭(くい)とは、木や竹を地面に打ち防塞としたもの。木柵、逆茂木の類もこれに入り、長篠合戦で織田軍が構えた馬防柵もこの一種である。