くいちがい喰違

喰違(くいちがい)とは、虎口(こぐち)、土塁、石塁の出入口が直進をさけるため重なって造られている状態をいう。左喰違い、右喰違いがある。大名の城下町にも喰違いを造った。杭違。