くまもとじょう熊本城

加藤清正が築いた鉄壁の守りを誇った大城郭

清正流の高石垣がそそり立つ城跡に御殿などの再建が進む

熊本城 くまもとじょうとは、慶長6年(1601)、室町時代に築かれた千葉城 ちばじょう隈本城 くまもとじょうのあった茶臼山一体に、加藤清正 かとうきよまさが築城し、慶長12年(1607)に完成した。最高所にある本丸には大天守や小天守を建て、各曲輪 くるわには宇土櫓 うとやぐらをはじめ、三重天守に匹敵する五階櫓 ごかいやぐらを5基も建て並べた。加藤氏改易後は細川氏 ほそかわが入り、明治維新を迎えた。

明治10年(1877)の西南戦争では城内に籠った新政府軍を西郷軍が攻め立てたが落城せず、城の強固さは証明されたが、本丸の大部分が焼失する。しかし、なお宇土櫓をはじめ12基の櫓が現存、清正流 せいしょうりゅうと称される高石垣もほぼ完全な姿で今に残る。

大天守と小天守は昭和35年(1960)に再建された。現在、西出丸 にしでまるの櫓や門が復元され、また平成20年には本丸御殿 ほんまるごてんの復元も完成した。