きょうとおどい京都お土居

京都お土居(きょうとおどい)とは、天正年間豊臣秀吉が京都の治安を維持し、洛中、洛外の行政区画を明らかにするため築いたものをとくに指す。