まつやまじょう松山城

勝山山頂とその麓を占めた広大な平山城

本丸の櫓や門、二の丸の御殿などの再建が進む

松山城(まつやまじょう)は、加藤嘉明 かとうよしあきが関ヶ原の戦いの成功により伊予を与えられ、慶長7年(1602)に築城を開始したことに始まる。標高132mの勝山 かつやま山頂に本丸をおき、麓に二の丸と三の丸を設けた平山城である。本丸の天守曲輪 てんしゅぐるわを構成する建物の多くは数度に渡る火災により焼失。天守も一度は消失したものの嘉永5年(1852)に再建竣工され、この天守が現在も残る。

天守と小天守や隅櫓 やぐらが結ばれた天守群や櫓、門などが山頂の本丸に並び建っていた。

加藤氏の時代には城は完成せず、蒲生氏を経て松平氏の時代に完成。この松平氏が明治まで続いた。