なごやじょう名護屋城

秀吉が大陸への夢を馳せた巨大な陣城

陣城の常識を超えた高石垣や陣跡が残る

天下統一を果たした豊臣秀吉は、大陸出兵を目指すようになった。その足がかりとして朝鮮半島に近い東松浦 ひがしまつうら半島発端に築かれたのが、名護屋城である。戦のための城(陣城 じんじろ)とはいいながら城域は約17万平方メートルにも及び、金箔瓦 きんぱくがわらを使用した五重天守も建てられた。

城の周囲には戦のために集まった大名たちの陣屋 じんやがおかれ、一時は「京をもしのぐ」賑わいであったという。

秀吉が病のため亡くなると戦いは集結し、名護屋城は廃城となった。城の用材は近くに唐津城 からつじょうが築城される際に転用されたという。またその後石垣も破壊された。現在城跡には各曲輪 くるわを累々と巡る石垣が残り、周囲の大名の陣跡とともに復元整備が進められている。