おうじょう王城

王城(おうじょう)とは、天皇の住居兼政庁。軍事性よりは政治性を主体としたため、土塁、塀、堀などを巡らせた程度の防備であった。皇城、皇居。