さい砦、塞

砦、塞(さい)とは、戦闘を目的として造られた居住性のとぼしい城塞のこと。臨時のものが多い。取手、取出に同じ意味。砦は「とりで」と読むことが多い。