さかもがり逆虎落

逆虎落(さかもがり)とは、敵兵の進出を妨げるため杭を打ち、横木を結び、その上に先を尖らせた竹を敵方に向けて縄で結びつけた、臨時構築の防御施設のこと。