さかよこや逆横矢

逆横矢(さかよこや)とは、側防のため設けられた横郭の塁上で、弓矢、鉄砲を射る城兵の左の方から右の方へ敵が進むものを射る横矢のこと。右利きの兵は逆の方から来る敵を討たなければならないので射難い。⇔【順横矢】