さくへいち削平地

削平地(さくへいち)とは、山や丘上を城地として利用するために削って平にした場所。建築物の構築用、あるいは余地として造成された。