さくまりゅう佐久間流

佐久間流(さくまりゅう)とは、佐久間立斎健を流祖とする江戸時代の軍学の一流。山鹿素行の弟子布施源兵衛守之から山鹿流の奥義を授けられ、のち佐久間流と称したという。