さまのいた狭間の板

狭間の板(さまのいた)とは、中世ころの城で矢倉の上に置かれた防矢用の楯板に狭間のあるものをいう。浅敷などに立てかける場合もある。