さとじろ里城

里城(さとじろ)とは、中世、山上に城を構え、平時には山麓の根小屋で生活したとき、根小屋にもある程度の防備を設けたものをいった。