しじょう支城

支城(しじょう)とは、いくつかの城が防衛上たがいに関連をもって配置されている場合、中心の本城に対して、これを補強する城をいう。坂城、端城とも。また支城をささえの城と解して砦、取手ともいう。