しきくりいし敷栗石

敷栗石(しきくりいし)とは、土塁の上の平地、武者走り、または馬踏などに敷いた小石のこと。水はけを良くし、雨天のさいの兵の行動に都合よくした。またこの石は戦時の投石用としても役立った。