しゅうらくぼうび集落防備

集落防備(しゅうらくぼうび)とは、個々の住居の集合である集落全体を守るための防備のこと。人類が採集、狩猟生活から農耕定住生活に移り一定の土地に定着していった過程で発達していった。その大成されたものが城郭都市である。