すてどい捨土居

捨土居(すてどい)とは、城からやや離れたところに構築された土塁で、一見守城に不用のようだが敵の近接したとき出丸のように利用する計画で造られたもの。